FC2ブログ
2012-09-22 16:14 | カテゴリ:モデレーター
ustreamチャットに荒らしがきた時の対処法の一つとして BAN があります。

ここではlimechatを用いたBANの方法を説明します。

BANの大まかな流れを書くと、

①対象のユーザーをBANする
②BANしたユーザーをキックする

これでBANされたユーザーはチャンネルに入ることができなくなるので、
コメントをすることもコメントを見ることもできなくなります。



スポンサーサイト



2012-09-22 16:45 | カテゴリ:モデレーター
BANの仕方を簡単に説明します。


①対象のユーザーをBANする

では試しに ustreamer-04444 をBANしてみましょう。

1



ustreamer-04444にカーソルを合わせ
右クリック→オペレータ操作→バンリストに追加 をクリックします。

3.jpg

するとバンリストが開かれ、一番上の欄に
「ニックネーム」!「ログイン名」@「ホスト名」が表示されています。

ここで注意しなければいけないのが「ニックネーム」!「ログイン名」の部分です。
このまま追加してしまうと、ustreamer-04444の番号を変えるだけでチャンネルに入れてしまいます。

それをできないようにするために * を用いてマスクします。

*!*@dev-0000000.eonet.ne.jp

これで「ニックネーム」!「ログイン名」はマスクされ、
「ホスト名」だけで判別するようになります。

4.jpg

追加したあと、OKを押すことでBANが完了します。

6.jpg

これでBANが実行されました。
しかし、ustreamer-04444はまだチャットに残っているのが確認できます。


②BANしたユーザーをキックする

次にこのユーザーをチャンネルから追い出しましょう。

ustreamer-04444にカーソルを合わせ
右クリック→オペレータ操作→追い出す をクリックします。

2.jpg

すると下の画面が出てきます。

7.jpg

デフォルトでFlooderとなっていますが好きに変更することができます。
そのままOKをクリックしても問題ありません。


8.jpg

チャンネルからustreamer-04444がキックされました。

これでBANは完了です。

9.jpg


BANされた側はバンリストから解除されない限り
チャンネルに入ることができず、コメントをすることも見ることも
できません。

次は他の方法でBANしてみましょう。



2012-09-22 17:37 | カテゴリ:モデレーター
前回の記事で紹介した
対象ユーザーを右クリック→オペレータ操作→バンリストに追加

とは別の方法でBANしてみましょう。

前回同様ustreamer-04444をBANします。

1

ustreamer-04444を右クリック→ユーザ情報 をクリック

12.jpg

するとそのユーザの情報が別ウィンドウで表示されます。
その中から「ホスト名」をコピーします。

14.jpg

次にチャンネル(ここでは#ccccc111)にカーソルを合わせ
右クリック→ユーザマスク→バンリスト をクリックします。

10.jpg

するとバンリストが表示されるので、一番上の欄に
「 *!*@ 」+「ホスト名」を入れて追加→OK をクリックします

5.jpg

あとはキックするだけでBAN完了です。

次は書き逃げされた時の対処法を解説します。


2012-09-22 18:07 | カテゴリ:モデレーター
チャットに荒らしがきて書き逃げ(荒らしてすぐにチャンネルから退室・ブラウザ更新で番号変更)された場合、


ユーザを右クリック→オペレータ操作→バンリストに追加
チャンネルを右クリック→ユーザマスク→バンリスト


これらの方法ではBANすることができません。



ここではその時の対処法を解説します。


まずlimechatの上部より サーバ→プロトコルログ をクリックします。

17.jpg


すると下の画面がでます。

16.jpg

15:52:43 にustreamer-04444が書き逃げの場合 とコメントしたログが残っています。

ここから「ホスト名」をコピーし、バンリストから追加することでBANすることができます。



次にlimechatの上部より チャンネル→メンバ情報 をクリックします。

18.jpg

すると下の画面がでます。

20.jpg

先ほどBANした「ホスト名」を確認し、この中から探してキックします。

ブラウザ更新で番号を変えられてもチャンネルから追い出すことができます。


人数が多くて探すのが大変なときは、上部のアドレスをクリックするとソートされ、

探しやすくなります。

BANした「ホスト名」が複数いる場合はすべてキックしましょう。



マクロを設定することでチャットのログに「ホスト名」を表示させることも可能です。
 ホスト名をチャットログに表示させる をご覧ください。


2012-09-22 19:21 | カテゴリ:モデレーター
これまでの記事でBANのやり方は理解できたと思います。

それではチャットのログにホスト名を表示させるマクロを設定してみましょう。

21.jpg

設定→マクロの設定

22-2.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

以下のように入力

26.jpg

27.jpg

起動するマクロとそのサーバーのところで右クリック

28.jpg

これでチャットログに「ホスト名」が表示されるようになりました。

*ログの「ホスト名」を右クリックするとコピーすることができます。

32.jpg
次は簡単BANを解説します